データ入力代行を利用

データ入力代行を依頼するには

データ入力代行とは紙媒体などに記載された様々な情報をコンピューターに入力し、表計算ソフトなどで利用できるようにデータ化するといった作業を、企業などから依頼を受けて行うサービスのことです。データ入力代行サービスを利用するには、まず専門に行っている会社を探さねばなりませんが、そのようなときはインターネットが便利です。専用のサイトを開設している会社がたくさんあるので、簡単にサービス内容を確認できますし、数社を比較することも容易です。依頼したい会社が見つかった場合は、どのようなデータをどれだけ依頼するのか、などこちらの要望を伝え、見積もりをとります。料金は大抵扱うデータの種類によって細かく決められています。たとえば通常の書類等なら文字数、アンケート用紙なら項目の数といった具合です。

代行サービスを利用するメリット

データ入力代行サービスがよく利用されている理由は、まず第一にコストを大きく削減できる点です。データ入力そのものは単純な作業に思われがちですが、データ量によっては膨大な時間がかかります。その作業に何人かの人員を割り当てねばならないとなると企業にとっても大きな負担です。データ入力代行サービスなら、入力作業に熟練したスタッフが担当するので時間も大幅に短縮でき、その結果コストも大きく抑えることができます。また、スピードだけでなく正確さもデータ入力には重要な要素です。代行サービスに依頼した場合、熟練したスタッフが入力したデータをまた別のスタッフが確認作業を行うので入力ミス等を大きく減らすことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加