代行で仕事を快適に

データ入力を業者に依頼した場合のコスト

データ入力は、ビジネスをしていく上では欠かせない仕事であり、また事務仕事の多くがデータ入力といっても良い状態です。しかし、データ入力もその場で処理できる量であれば問題ありませんが、膨大な量のデータを入力しなければならないといった場合には、処理しきれないケースも多くあります。そのさいに利用するのがデータ入力代行業者です。データ入力代行業者は文字通りデータ入力を行ってくれる業者のことです。主に使われるデータとしては、名刺の入力やアンケートの集計作業などで、これらを管理しやすいデジタルデータに変換するというものです。データ入力代行を利用したさいのコストは、そのデータの種類と量に比例しますが1文字あたり0.5円程度から行ってくれます。

データ入力代行の魅力とは

データ入力代行を利用するメリットは、アウトソーシングすることにより社内での負担を減らせられるという点があります。またデータの信頼性のチェックなども行われる業者を利用すれば、入力ミスなどを最小限に抑えられ、クオリティの高いデータを作り上げることができます。さらにデータ入力代行業者では、複数の人間がそのデータ入力を行うので短期間に入力することが可能というメリットもあります。これにより社内の人材だけでは時間に間に合わないデータ入力を可能にすることができますし、紙媒体のデータをデジタル化することで管理がしやすくなるメリットがあります。一方で一見すると費用が高くつきそうなデータ入力のアウトソーシングですが、社内の人材が行うよりも安価にデータ作りを行うことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加